セミナー

2018(平成30)年度セミナーのお知らせ(終了)

2018年度日本家庭科教育学会セミナーは,盛会のうちに終了いたしました。
ありがとうございました。

【テーマ】 「計量テキスト分析による思考過程の追跡」
【講師】 富田英司氏(愛媛大学教育学部)
【日時】 2019年3月24日(土) 13:30~16:30 (受付13:00~)
【会場】 キャンパス・イノベーションセンター東京(5階509A・B)
     (東京都港区芝浦3-3-6 / JR山手線・京浜東北線 田町駅から徒歩1分)
【募集人数】 40名程度
【参加費】 2,000円(当日払い)

これまで開催したセミナーのテーマ

年度テーマ
2017授業における相互作用過程の分析
2016「パフォーマンス評価の考え方と進め方 ―パフォーマンス課題づくりを中心に―」
2015「コラボレイティブ・ラーニング(協調学習)」
2014「談話からみた学習過程」
2013「調理実習中の児童生徒の体験を見取る」
2012「生徒のナラティブを用いた授業デザイン」
2011「生徒の発話の分析による授業理解」
2010(中止)「授業理解と研究的な分析の可能性」
2009「授業研究」とプロセスレコードによるリフレクション 
2008・ 授業実践研究の質的向上をめざして ~同一授業をもとにした実践記録と授業実践研究論文の検討~・ 研究論文のまとめ方 ―研究論文の書き方を学ぶ―
2005(セミナー開催なし)
2004共同(教師、児童・生徒、保護者、地域住民)でつくる カリキュラムとその実践基調講演 : 獲得型の授業と教師の役割
シンポジウム : カリキュラムづくりと実践の検討
2003子どもの生活実態に基づく家庭科のカリキュラム構想基調講演 : 子どもの文化・意識の変容をどうとらえるか
シンポジウム : 子どもの実態に基づくカリキュラム構想
2002「いま、家庭科における学びのディコースを問う」
– 新しい教育課程の実施に向けて -基調講演:学力論からリテラシー(市民的教養)論へ
– 教科教育の課題パネルディスカッション : 子どもの学びを創る家庭科の授業
2001家庭科教育で福祉意識をどう育てるか
200021世紀の家庭科のカリキュラムの課題
1999「総合的な学習の時間」への家庭科からのアプローチ(2)
1998家庭科の「教科書」を考える
1997これからの「家族」教育カリキュラム開発とその教
1996「これからの家庭科の内容と指導法」として「家庭生活・家庭経営」
1995「これからの家庭科の内容と指導法」として「小・中・高一貫の食生活の教育」
1994「これからの家庭科の内容と指導法」として「家族・保育の教育はどうあるべきか」

お問い合わせ
日本家庭科教育学会事務局(受付:火・木曜日 10時30分~16時)
〒112-0012 文京区大塚4-39-11仲町YTビル3階
Tel&Fax 03-3942-7885
E-mail 

COPYRIGHT (C) 2006- 日本家庭科教育学会 All Rights Reserved.